HOME  |  2011  |  2010  |  2009  |  2008  |  2007  |  2006  |  2005  |  2004 - 1985  |  お問い合わせ  |  コリアNGOセンター

新聞報道消息

ワンコリアフェティバル後援の夕べ

 

 去る6月20日、韓国汝矣島・イルムセンターにおいて「ワンコリアフェスティバル後援の夕べ」が、100名を越える参加のもと開かれた。
 この会は、「ワンコリアフェスティバル後援会」の発足式であり、今回、顧問、代表、指導委員、運営委員を引き受けてくれた先生方をはじめ、各界各層から多彩な人士が参席してくれた。主な方を紹介すると、顧問の徐英勲・元韓国赤十字社総裁、金徳龍・大統領国民統合特別補佐官、李光奎・元在外同胞財団理事長、李求弘・海外僑胞問題研究所、今回代表に就任した権・社団法人美しい人々代表、指導委員の影潭・曹渓宗総務部長、鄭東泳・民主党議員、と錚々たるかたがたに参席していただいた。
先生方の挨拶の中で、最長老の徐英勲先生と次に長老の李光奎先生お二人のお言葉は、とくに身に沁みるものであった。
徐英勲先生は、現在の厳しい情勢の中でも、南北は話し合わなければならず、そして統一するのは自然の道理だと信念を吐露された。
 李光奎先生は、多くの台風が日本に来て韓国に来ないのは、在日同胞の祖国愛があるからだと冗談を言いながら、ワンコリアフェスティバルがそういう役割を果たしていると仰ってくれた。
ウォングヮン大学のヨレミョン教授による書芸作品「はな」の献呈式があり、カペラ(オペラと歌謡の合成語)歌手として有名なイハン氏らが歌で盛り上げてくれた。
 この日限定の「ワンコリア・マッコリ」と「ワンコリアもち」も用意され、ふるまわれた。
 ワンコリアフェスティバルに何度も出演してくれている権海孝氏も駆けつけ、想いの込もったスピーチをしてくれた。
 最後に、この会を準備してくれたスタッフの皆さんと参席してくれた皆さんに、この場を借りて今一度感謝申し上げます。

KOREA TODAY 2011/08

 


 
     過去の記事
 
©2011 OneKoreaFestival. All rights reserved.