HOME  |  2011  |  2010  |  2009  |  2008  |  2007  |  2006  |  2005  |  2004 - 1985  |  お問い合わせ  |  コリアNGOセンター

新聞報道消息

ワンコリアフェスティバル後援行事、ソウルで盛大に

 

【ソウル聯合ニュース】朝鮮半島の統一を祈願する在日コリアンの祝典「ワンコリアフェスティバル」をサポートしようと、韓国の有志らが20日夜、ソウルで後援行事を開いた。  汝矣島のイルムセンターで開かれた行事には、韓国各界の著名人や後援者ら約70人が参加した。財団法人ワンコリアフェスティバル理事長を務める在日コリアンの鄭甲寿氏は行事の冒頭で、さまざまな困難を経ながらも昨年まで26回の開催を重ねてきた同フェスタの意義など説明した後、「わたしたちはハナ(一つ)だ」というスローガンを会場に響かせた。

行事の後、記念撮影した鄭甲寿氏(右から6人目)ら出席者=20日、(聯合ニュース)

またワンコリアフェスティバル韓国後援会の顧問を務める徐英勲・元大韓赤十字社総裁は「すばらしい行事が財政難のために支障が出ないよう、支援しようと」と呼びかけた。
行事では著名書家でもある余泰明・円光大教授がハングルで「ハナ」と書かれた作品を贈ったほか、歌手などによる公演も行われた。
鄭理事長は「かつて小規模な韓国の後援会はあったが、これほど大規模なのは初めて。日本では震災などもあって資金が集まりにくい状況なので、心強い」と話した。

ワンコリアフェスティバルは1985年にスタート。27回目の今年は10月23日に大阪城公園、太陽の広場で開かれる。

 


 

 

   
 

 

 

     
 
©2011 OneKoreaFestival. All rights reserved.